間宮祥太朗、史上最弱の銀行強盗に!2話完結SPドラマで上白石萌歌と再共演

間宮祥太朗、上白石萌歌
間宮祥太朗、上白石萌歌

間宮祥太朗が主演を務め、上白石萌歌が共演する2話完結のスペシャルドラマ『バンクオーバー!~史上最弱の強盗~』(日本テレビ系)が、9月19日(日)22時30分、26日(日)23時から放送される。

のっぴきならない事情で銀行強盗に入った主人公。しかし、そこには既にもう一組銀行強盗が! しかも、相手は超強そう……! このままじゃ計画が失敗に終わってしまう! そこで、「金を持ち帰るのにふさわしいのはどっちか、話し合いで決めませんか?」と人質たちも巻き込んで奇妙な議論が始まった。次第に明かされる登場人物たちの“ウラ事情”。彼らに共通しているのは、外見と中身のギャップがあり過ぎること。悪っぽい、真面目そう、おバカっぽい、カネ無さそう……「本当の自分は違うのに!」。彼らの本当の姿がわかった時、奇跡の大逆転劇が始まる!「多様性(ダイバーシティ)」を大事にしたい今にぴったりの新感覚サスペンスコメディ。

本作の脚本を担当するのは、卓越したギャグセンスでコメディに定評のある、元芸人の脚本家・森ハヤシ。昨年、森が脚本を担当したスペシャルドラマ『ダブルブッキング』(日本テレビ系)では、鮮やかな伏線回収とまさかのサスペンス展開が話題になった。今回、『ダブルブッキング』の制作陣が再結集し、誰も予想できない衝撃展開のサスペンスコメディを再び届ける。

そして、主人公である史上最弱な銀行強盗・猿渡佐助を間宮、たまたま銀行に居合わせ人質となってしまう女弁護士・さくらを上白石が演じる。そんな間宮と上白石、脚本・森、演出・水野格からコメントが到着。以下似紹介する。

<間宮祥太朗 コメント>
なかなか先の読めない予想外の展開が繰り広げられるので、あっという間に脚本を読み終わりました。自分が演じる猿渡佐助に関しては、その展開の真ん中で右往左往する人物なので、視聴者の方々へのリード役となれればと思いました。役作りについては、水野監督と話をし、衣装合わせなどで想像を膨らませつつも、現場に入ってみないとわからない要素が多い気がしています。上白石萌歌さんとは二度目の共演なので、安心感もありますし、きっと楽しんでフルスロットルに演じてくれるのではないかなと思っています。殆どワンシチュエーションに近い形で進行される物語なので、会話や展開で楽しませていく事のハードルの高さは少々感じていますが、自分自身も現場でどの様な不確定要素が飛び込んでくるかを楽しみにしています。

<上白石萌歌 コメント>
大木さくら役を演じます、上白石萌歌です。脚本を読んだときは、ぶっ飛んだテイストと、ページを捲るたびに点と点が線になってゆく物語の面白さに思わずニヤニヤしてしまいました。主演の間宮祥太朗さんとは、以前血の繋がった兄妹役でご一緒したことがあるので、このような形でまた共演させていただけることがとても楽しみです。きっと笑いのビタミンをみなさんにお届けできると思います。お楽しみに!

<脚本・森ハヤシ コメント>
構想3年、じっくりコトコト煮込んできた作品が日の目を見る事になり、大変嬉しく思います。深いテーマ性がある訳でもなければ社会に一石を投じようとした訳でもなく、ただただ笑ってもらいたい一心で作りました。テレビの前でツッコミをいれながら、楽しく見ていただければ幸いです。

<日本テレビ 情報・制作局 演出 水野格 コメント>
このお話は、かつて僕が『月曜から夜ふかし』のディレクターをやっている時に思い付いたものです。当時僕は、番組のロケで全国津々浦々、多種多様な方々にインタビューをさせて頂いたのですが、その際、見た目は奇抜だけど喋ってみると超常識人だったとか、逆に地味な見た目だけどスゴく過激な言動をする人だったとか、たくさんの「見かけによらない人々」に出会い、「人間見た目だけじゃ判断出来ないなあ」と思った体験が元になっています。そんなこのドラマが「多様性」を大事にしたい今の時代に世に出るということは、何か意義を感じるし、見終わった後に何か感じ取って頂けるものがあれば大変嬉しいです。とはいえ、一番は純粋に楽しんで頂く事なので、ぜひ気軽に見て頂いて、笑ったり驚いたりして、最後「ああ、楽しいドラマだったな」と思って頂けたら、こんなに嬉しいことはありません。