矢島舞美、伊藤淳史“信濃のコロンボ”と捜査!令和の毒婦と心理戦…

矢島舞美、伊藤淳史
矢島舞美、伊藤淳史

8月23日 (月)20時より「月曜プレミア8」枠にて、伊藤淳史の主演ドラマ『内田康夫サスペンス 新・信濃のコロンボ2 北国街道殺人事件』(テレビ東京系)が放送される。

同ドラマは、内田康夫の「北国街道殺人事件」が原作で、かつて同シリーズで信濃のコロンボこと竹村岩男役を演じていた中村梅雀と伊藤が共演。新旧コロンボが強力タッグを組んだ“信濃のコロンボ”新シリーズの第2弾。。今回伊藤は、栗山千明演じる令和の毒婦が心理戦を繰り広げる。

<あらすじ>
長野県・野尻湖で化石発掘調査をしている一区画から、頭部のない死後2~3年が経過した白骨遺体が発見される。事件を担当する竹村岩男(伊藤)ら長野県警捜査一課の捜査は難航。2か月経っても身元不明のままだったが、大森刑事部長(中村)の助言もあり、遺体が良寛の人物研究における第一人者で大学教授の畑野高秀(佐戸井けん太)であることを突き止める。

畑野は多額の借金を抱えていた。また高額な生命保険が掛けられていたことも判明。受取人は25歳年下の美しき妻・恭子(栗山)だ。さらに調べを進めると、恭子が家政婦をしていた谷永和子(伊藤かずえ)も捜査線上に浮上。しかも彼女は高額の保険金が掛かった夫らの不審死に関わっているとして、警視庁の岡部和雄(三浦貴大)がマークしている人物だった。

偶然とは思えない事件解明に向けて、竹村と岡部は共同戦線を張ることに。しかし竹村と捜査してきた寺沢美由紀(矢島舞美)は、思い込みだけで捜査する竹村の姿に違和感を覚えていた……。

“令和の毒婦”と睨む2人が絡んだ、北国街道と東京の不審死事件――長野県警の警部と警視庁のキレ者が難事件の解明に挑む!