伊藤万理華“美園”の不評を“さび抜き”する方法に「画期的!」の声

高村美園(伊藤万理華)、生島ヒロシ(本人)
高村美園(伊藤万理華)、生島ヒロシ(本人)

伊藤万理華が主演する木ドラ24『お耳に合いましたら。』(テレビ東京系、毎週木曜24:30~/BSテレ東・BSテレ東4Kは毎週火曜24:00~)。8月12日に放送された第5話では、主人公・高村美園(伊藤)がSNSの意見に振り回されてしまうも、その回避方法が話題となった(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、美園があるきっかけからポッドキャスト番組を始めていく、パーソナリティ成長記。愛してやまないチェーン店グルメ・通称“チェンメシ”を食べながら、その“チェンメシ愛”を語ることで変わっていく様が描かれる。

美園が寝ぼけながらSNSで自分の配信を検索していると、好評コメントが沢山寄せられていた。恥ずかしながらも嬉しくてエゴサが止まらない美園だったが、その中で不評なコメントを発見。落ち込んでしまい、さらには会社でも意見に振り回された行動をとってしまう。

須藤亜里沙(井桁弘恵)、高村美園(伊藤万理華)、佐々木涼平(鈴木仁)
須藤亜里沙(井桁弘恵)、高村美園(伊藤万理華)、佐々木涼平(鈴木仁)

そんな中、美園の勤める漬物会社で、社員の顔が見えない状態で一般の方に商品の感想を聞くインタビューが実施される。そこで「顔が見えないから、好き勝手言っちゃう」との意見を聞いた美園は、顔が見えない状態での意見の全てが本心ではない、ということに気付く。

佐々木涼平(鈴木仁)、須藤亜里沙(井桁弘恵)、高村美園(伊藤万理華)
佐々木涼平(鈴木仁)、須藤亜里沙(井桁弘恵)、高村美園(伊藤万理華)

話したいことができた美園は、「くら寿司」をテイクアウトして帰宅。すぐにポッドキャスト配信を始め、“お寿司”にかけて、不評な意見の“サビ抜き”を行った。

高村美園(伊藤万理華)
高村美園(伊藤万理華)

SNSでの誹謗中傷が問題となっている昨今。この美園の考えに賛同する方が多かったようで、ネット上には「これは……難しいけど画期的な方法なのでは?」「SNSの反響をポジティブに変換するって難しいことだけど、できたら良いよね」「SNSだけじゃなくて、私生活でも“サビ抜き”したい」「捉え方で変わってくるからね」などのコメントがあがっていた。

次回、第6話は8月19日に放送。美園の親友・香澄役で、伊藤と同じくかつて乃木坂46で活動していた桜井玲香がゲスト出演する。

画像ギャラリー