ジャニーズWEST・重岡大毅、デビューするまでの苦しい思い吐露

ジャニーズWEST・重岡大毅、デビューするまでの苦しい思い吐露

ジャニーズWEST重岡大毅が、8月7日に放送された『人生最高レストラン』(TBS系、毎週土曜23:30~)に出演。デビューするまでの苦しい思いを語る場面があった。

当時、関西ジャニーズJr.のメンバーとして活動していた重岡は、選抜メンバーとして東京の日生劇場で行われた公演に呼ばれたときのことを回顧。メンバー同士で「俺ら関西弁とたこ焼きにしがみついてやっていくしかない」と話していたことを明かした。

さらに、MCの加藤浩次が「東京の子は持っていない気持ちだよね」と水を向けると、重岡は「ハングリーさだけは絶対にっていうのはありましたね」と告白。当時はデビューに対しての強い思いもあったそうで、「楽しくて、この仕事が。それしか見えてなかったし、勉強も怠けていたから、退路がないというか。デビューできなかったらやばいぞという気持ちしかなかったから」と、焦りがあったことを打ち明けた。

地元の友達が就職していく中、デビューしていない自分が取り残されている気持ちになったこともあったという。晴れてデビューが決まったときのことについて重岡は「よっしゃー! とか、うれしいー! とかじゃなかったですね。ホッとしました」と素直な心情を吐露。出演者の劇団ひとりも「芸人は売れてなくても“芸人やってるんで”って言えるけど、売れてないアイドルって言いづらいもんね」と共感し、加藤も「売れてないアイドルほど辛いもんはないわ」と納得していた。

その他、メンバーや芝居などについても語った重岡。ネット上では「感動の番組だった」「良い話だった」「涙出た」「デビューしてくれてありがとう」「永久保存版」などのコメントが寄せられた。

次回8月14日の放送は、ゲストにダチョウ倶楽部が出演する。

PICK UP