鈴木亮平“喜多見”ら、18人の小学生が山中で失踪する謎の事件に立ち向かう

喜多見幸太(鈴木亮平)
喜多見幸太(鈴木亮平)

鈴木亮平が主演を務める日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第6話が、8月8日に放送される。

最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、“一人も死者を出さない”ために奮闘する救命救急チーム“TOKYO MER”の活躍を描く。

救命救急チーム“TOKYO MER”のメンバーは、チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師・ホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)。そして、厚生労働省の官僚であり医師の音羽尚(賀来賢人)の7人。

先週放送された第5話では、東京海浜病院のエレベーターが故障によって緊急停止し、喜多見の妹・涼香(佐藤栞里)と妊婦、そして、音羽と大物政治家の天沼夕源(桂文珍)が閉じこまれてしまう。機械室から火災が発生し、エレベーターの内部に煙が充満する中、音羽は具合が悪くなった妊婦の緊急帝王切開手術を行う……というストーリーが展開。音羽が医系技官を志したきっかけも明らかになり、ネット上では「号泣」「音羽先生が最強すぎる」とのコメントが寄せられた。

<第6話あらすじ>
18人の小学生が山中で突如として失踪する謎の事件が発生。現場に向かったTOKYO MERの喜多見幸太(鈴木)は、子供たちを捜索し、治療するためメンバーを分散する決断をする。これまでチーム一丸でピンチを乗り越えてきたメンバー達は、バラバラに闘うことに……。

喜多見幸太(鈴木亮平)、冬木治朗(小手伸也)
喜多見幸太(鈴木亮平)、冬木治朗(小手伸也)

音羽尚(賀来)や弦巻比奈(中条)は原因不明の重症に陥った子供たちの治療に苦慮する中、喜多見も必死に処置に当たるが、必要な薬剤が全く足りない……! なす術のない喜多見に、最大の危機が襲いかかる!

画像ギャラリー

PICK UP