眞栄田郷敦“壱成”、かっこよすぎる金髪着物姿に「心臓止まるかと思った​​」

二階堂ふみが主演を務める火曜ドラマ『プロミス・シンデレラ』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第4話が、8月3日に放送。ネット上では、片岡成吾(岩田剛典)との出会いが描かれ「こんな初恋したかった」との反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

小学館の漫画アプリ「マンガワン」に連載中(隔週月曜更新)の同名人気漫画が原作。夫から一方的に離婚を告げられ、無一文、無職、宿無しになった人生崖っぷちアラサーバツイチ女子が、金持ちでイケメンだが性格のすこぶる悪い男子高校生に目をつけられ、金と人生を賭けた“リアル人生ゲーム”を繰り広げていくラブコメディ。

桂木早梅(二階堂)は旅館で成吾と再会。「覚えてくれていたみたいですね。10年前はお互い名前も知らないままでしたね」と自己紹介する彼に、早梅は何も言えない。彼は続ける。「まさかこんな形で再会できるとは思っていませんでした」。慌てた早梅が、ほうきを頭にぶつけてしまうと、成吾が支える形に。それを旅館の従業員が目撃していた。

2人の関係が気になる片岡壱成(眞栄田郷敦)。早梅自身も「正直ビックリしている……私、お兄さんと知り合いだったの。10年前、いろいろあって」と動揺しているという。壱成が「初恋の人とか?」と問うと、早梅は静かに頷いた。

10年前、家庭が荒れていたため、学校が終わってからバイトに行くまで、土手で時間を潰していた。そこで出会ったのが成吾だった。当時、彼女は絡まれた相手とやりあって口から血を流していた。早梅を心配した成吾​​はハンカチを差し出し、その場を後にした。

3日後、土手で再会。ハンカチを洗って返そうとした早梅は、生地を痛めないように手洗いするも失敗。ハンカチの無惨な姿に、成吾は笑みを浮かべて「すごいゴワゴワになっている。気にしないで。もともとあげるつもりで渡したものですから」と述べた。それからというものの、2人は定期的に土手で話すようになったのだ。

ネット上では、2人の出会いについて​​​​​​「こんな初恋したかった」「キラキラしてる」「10年前の成吾の無邪気な笑顔が可愛かった」との声が。

また、わがまま客の無理難題で早梅がピンチに。そこに壱成が着物姿で現れる。彼女を救う立場かと思いきや、彼は客に手をあげようとしていた。そこで早梅はタックル&ビンタ……。そんな壱成の和服姿に「流石にかっこよすぎるだろこれは……」「眞栄田郷敦の着物姿優勝」「心臓止まるかと思った​​」とのコメントがあった。

桂木早梅(二階堂ふみ)
桂木早梅(二階堂ふみ)

次回は8月10日に放送。早梅は、壱成の態度がおかしいことに困惑する。

PICK UP