斎藤工“ヘミングウェイ”、衝撃全裸シーンに反響「とても美しかった」

謎の漂着者・ヘミングウェイ(斎藤工)
謎の漂着者・ヘミングウェイ(斎藤工)

斎藤工が主演を務める金曜ナイトドラマ『漂着者』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~※一部地域を除く)の初回が、7月23日に放送。ネット上では、斎藤のインパクトある初登場シーンについて多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

とある地方の海岸に全裸のイケメン男性が漂着したところから始まるこの物語。記憶がなく、自分が何者かもわからない謎の漂着者・ヘミングウェイ(斎藤)が、世間を騒がせている事件を解決に導く予言めいた力を発揮したことで、次第に人々から崇められる存在になっていく。

女子高生3人組が新潟県・浦野海岸でスマホ片手に大騒ぎ。すると、全裸の男性がうつぶせになって倒れているのを発見する。動画を回しながら近づく3人。「ウケる。なんで全裸?」「死んでんの?」そう言いながら声をかけると、彼は目を覚まして「勝者には何もやるな」とつぶやいた。

女子高生3人組
女子高生3人組

病院に緊急搬送されたのち、記憶障害であることが分かった。手がかりは左足首のタトゥーのみ。軽い気持ちでSNSに動画投稿した女子高生たちだったが、「#イケメン全裸漂着者」がトレンド入りするほどバズって大喜び。男には、自分の名前を思い出すまで「勝者には〜」の小説家の名前から“ヘミングウェイ”と呼ぶとした。さらに、情報を集めるためにも動画を撮り続ける許可をもらう。

担当医・国原栄一(船越英一郎)、ヘミングウェイ(斎藤工)
担当医・国原栄一(船越英一郎)、ヘミングウェイ(斎藤工)

担当医・国原栄一(船越英一郎)​の進言もあって、思い出したことがあれば、メモや絵として残すよう言われたヘミングウェイ。彼は不思議な絵を描いていく。

一方、県内では女児の失踪事件が起こっていた。ここ半年間で5人の女児が殺害された事件との関連も疑われ、県警捜査一課の刑事・柴田俊哉(生瀬勝久)と野間健太(戸塚純貴)、さらにスクープを狙う新聞記者・新谷詠美(白石麻衣)は事件を追い続けた。その後、女児が無事に発見される。

新谷詠美(白石麻衣)、野間健太(戸塚純貴)、柴田俊哉(生瀬勝久)
新谷詠美(白石麻衣)、野間健太(戸塚純貴)、柴田俊哉(生瀬勝久)

詠美は、上司の橋太(橋本じゅん)に誘われ居酒屋へ。「一杯だけ」と言ったものの、ビールをグビグビと飲み干し、おかわり。とりつかれたように仕事をする彼女を心配する橋に「真実を知りたいからです」と答える詠美。そこで彼女は泥酔して……。

上司の橋太(橋本じゅん)、新谷詠美(白石麻衣)
上司の橋太(橋本じゅん)、新谷詠美(白石麻衣)

そんな中、ヘミングウェイの描いた絵が、女児の発見場所と酷似していたことが分かり、世間は“予知能力者だ”と大騒ぎ。詠美が彼の病室を訪れると、ヘミングウェイは不思議な力でさまざまなことを予知していく。

ネット上では、詠美の居酒屋シーンに「まいやんと一緒にお酒飲みたい! 可愛いすぎる」「ビールの呑みっぷり最高」「明るくて、酒飲みで、真面目で、パワフルな女子最強です」「可愛く綺麗な容姿だけでなく、高い演技力に魅了されました」との声が。

また、ヘミングウェイの衝撃登場には「漂着したヘミさまの全裸姿とても美しかった」「斎藤工の裸体が拝めるとは……」との反応があった。

次回は7月30日に放送。ヘミングウェイと接触した大学教授の後宮徳治郎(越村公一)​​が首吊り死体で発見される。柴田は自殺という結論に納得できない。