アンタッチャブル、10年ぶりに漫才披露!『全力!脱力タイムズ』激アツ回​​がTVerで配信中

アンタッチャブル、10年ぶりに漫才披露!『全力!脱力タイムズ』激アツ回​​がTVerで配信中
最新エピソードを無料視聴

アンタッチャブル柴田英嗣山崎弘也)が10年ぶりの漫才を披露して話題となった『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系、2019年放送回)​​​​が、民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」にて期間限定で配信されている。

現在TVerでは「TVerフェス!SUMMER2021」と題し、懐かしの「名作夏ドラマ」や、伝説の「激アツバラエティ」、ステイホームの夏休みにおすすめの「アニメ・キッズコンテンツ」が無料配信されている。

『全力!脱力タイムズ​​』は、世界各地の最新ニュースや日本で論点となっている問題を有識者たちが独自の視点から読み取り、思わず“脱力”するような切り口で解説するニュースバラエティ。MCをアリタ哲平ことくりぃむしちゅーの有田哲平が務めている。

この日、ゲストとして登場したのは、当時、個人の活動が多かった柴田と新木優子。新木は「最近アンタッチャブルの漫才を見る機会が少なくなってしまったので、すごく残念​​。せっかくだから見たい」という。スタジオで漫才を披露する流れになるのだが、柴田は、それまで何度か山崎の代わりに別の芸人を用意されているだけあって「誰が来るのか」と怯える。

そこにやって来たのは小手伸也。しかし、彼は漫才のネタを覚えきれていなかった。アリタが「中途半端な気持ちでやるなら帰ってください!」と激怒すると、小手は裏にひっこんでしまう。

柴田の温情もあってもう一度ネタをすることに。しかし、アリタが今度連れてきたのは、山崎本人だった。彼を見た瞬間、柴田は倒れ込んでしまい「この番組で(10年ぶりの漫才を)やるの!?」と叫ぶ。その後、戸惑いながらも山崎と共に漫才を披露していく。

往年のネタ「ファストフード」をアドリブで進化させ、爆笑をかっさらうアンタッチャブルの姿を見られるのは本作だけ。SNS上では今回の配信にあたり「本当にたくさんの人に見てほしい全力神回」「これもう一回見れるのは熱い」との声があった。