鈴木伸之“流星”、柊&美月をグランピングに誘い…

八乙女流星(鈴木伸之)
八乙女流星(鈴木伸之)

中川大志が主演を務める『ボクの殺意が恋をした』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30〜)の第3話が、7月18日に放送される。

本ドラマは身体能力100点・ルックス100点、でも、殺しの才能0点。最高に“間が悪い”殺し屋が、標的(ターゲット)を殺すどころか恋をしてしまうというスリリング・ラブコメディ。

前回第2話では、鈴木伸之扮する“デス・プリンス”八乙女流星がきっかけで、男虎柊(中川)と鳴宮美月(新木優子)が急接近することから「恋のキューピッドじゃん」「くだらない対決笑ってしまう」「ロマンチックな状況になってて草」と話題に。

<第3話あらすじ>
殺しのターゲットの鳴宮美月(新木)と初恋の人・葵の面影が重なり、思わずときめいてしまった男虎柊(中川)。彼は、男虎丈一郎(藤木直人)の仇である美月を殺さなければならないと気を引き締める。

そんな中、映画化される『ハリネズミ探偵・ハリー』に、八乙女流星(鈴木)の出演が決定し、美月の仕事場に流星が訪れる。柊は、流星が美月を殺しに来たのではないかと警戒する。

流星は、忙しい美月たちを慰労したいとグランピングに誘う。

「のんきにグランピングなんかしてる場合じゃないだろ!」

「あなたは黙って私を守ってればいいの」

柊は、流星が何か企んでいると察して美月を止めるが、彼女は聞き入れない。開き直った柊は、グランピングに行って流星より先に美月を殺すと決意する。

男虎柊(中川大志)
男虎柊(中川大志)

そして、グランピング当日。美月は風岡樹生(中尾明慶)、水瀬千景(田中みな実)、江村隼也(永田崇人)、皆川真希(小西はる)、柊を連れて行く。みんなが慰安旅行だと盛り上がる中、柊は虎視眈々と美月を殺すチャンスを狙う。人気のない場所に美月を連れ出し、ロープで首を絞める。それが、柊の計画だった。

鳴宮美月(新木優子)、水瀬千景(田中みな実)
鳴宮美月(新木優子)、水瀬千景(田中みな実)

流星は、豪華な料理で美月たちをもてなす。美月と流星に目を光らせていた柊は、千景に迫られて困惑。柊が千景に気を取られているうちに、流星が美月を散歩に連れ出していた。柊は風岡に無理やり買い出しに駆り出され、2人を追いかけることができない。

隙を見て買い出しから逃れ、流星と美月の行方を必死に追う柊。彼が流星を見つけた時、すでに美月の姿はなかった……。

「鳴宮美月はどこだ!?」

流星に迫る柊。そして柊と流星は、激しい格闘になり……!

八乙女流星(鈴木伸之)、男虎柊(中川大志)
八乙女流星(鈴木伸之)、男虎柊(中川大志)

PICK UP